天井に

イタチによる被害に注意

いつの間にか天井裏にイタチが勝手に住み着いて困っている。そんな悩みを抱えている人は決して少なくないはずだ。1匹だけでも騒々しいイタチ。そのイタチが気がつくと2匹に増え、さらに子供まで生まれていたりする。そんな状況で毎晩のようにバタバタ走り回られると、騒音で眠るどころではなくなってしまう。しかし、イタチを放置しておくことで問題になるのはそれだけではない。大量の糞や尿による悪臭や菌の発生も大きな問題だ。さらに、天井裏の断熱材を荒らすなどして、家屋に損傷を与える場合もあるので要注意である。イタチによる被害が深刻になる前に、何らかの対策をとることが必要だ。そのためには、まずイタチ駆除業者に相談をするところから始めよう。

なぜ勝手に駆除してはいけないのか

では、イタチ駆除を勝手にするというのは駄目なのか。そう疑問に思う人もいるだろう。自力でのイタチ駆除がお勧めできないのには、いくつかの理由がある。まず、イタチは天井裏に潜んでいる場合が多いので、その時点で素人には手出し不能だと想像できる。そのうえ、非常に動きがすばやいので、捕獲網を持って走り回ったところで捕まえるのは不可能に近い。そもそも、イタチは国の保護動物として捕獲を禁止されている生き物だということを知っているだろうか。個人が勝手に捕まえることは、鳥獣保護法に抵触するということを覚えておいたほうが良い。そういった事情があるので、イタチ駆除は専門業者に任せておいたほうが無難なのである。うかつに手出しして痛い目を見ないためにも、そういった法律があるというのを頭に入れておきたいものだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加