都心でも

都心部で増えるイタチ被害

以前は、里山などでしか見られることのなかったイタチなどの害獣が都心部でも多く見られるようになってきていると言われています。その理由としては、里山の崩壊や都心部の方がエサとなる物がたくさんあり、繁殖や居住がしやすいということが挙げられるようです。この傾向は今後も続きていくと考えられます。それに伴い、多くなっているのがイタチによる被害です。農作物への被害の他に、住宅や健康被害も考えられます。イタチ駆除は、個人で対策を講じるということも大切なことですが、確実に駆除するためには、専門の業者に依頼する必要があります。様々な方法の中から、状況に合わせて最適なイタチ駆除の方法を提案してもらうことが出来ます。

豊富な経験を持つ業者に依頼しよう

イタチ駆除業者を選ぶ場合には、豊富な経験と知識を持つ業者に依頼するということが重要になります。例えば、イタチが屋根裏などで出産した場合、知識のない業者にイタチ駆除を依頼すると、場合によっては屋根裏で生まれた子供が死んでしまう場合があります。そのままの状態にしておくと、屋根裏で腐敗してしまう可能性があります。イタチの被害を防ぐことは出来ても、腐敗臭や天井や壁の腐食に繋がる恐れがありますので、注意が必要です。作業を依頼する前には、どのような方法でイタチ駆除を行うのかを確認するようにしましょう。いくつかの方法が提案された場合には、それぞれのメリット・デメリットを聞いた上で、判断することが大切になります。

このエントリーをはてなブックマークに追加